2011年08月30日

『スーパーマン』は呪われた映画

『スーパーマン』は呪われた映画らしい。

アメリカン・コミックの代表で
日本人の我々でもよく知っている
世紀のヒーローなのに、ナゼだろう。

歴代のスーパーマン役に不幸が訪れているという。

歴代といっても自分が知っていたのは
1978年の『スーパーマン』から
81年『スーパーマン2』
83年『スーパーマン3』
87年『スーパーマン4』

全4作品でスーパーマンになった
クリストファー・リーブだけだが。

彼が何かの事故で下半身不随になって
車椅子に乗ってたのは見たことがあるが
それから数年後に亡くなってたらしい。

そしてスーパーマンが呪われているのは
それだけではなくて
このシリーズでスーパーマンの子供時代が
描かれているが
その子役が若くして亡くなっている。

1948年作品のカーク・アレン
1951年作品のジョージ・リーブスも
ピストルで自殺しているらしい。
posted by ひとし at 03:37| 呪われた映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。